紹介予定派遣について

「派遣スタッフ」として働きながら、 「正社員・契約社員」をめざせる紹介予定派遣。

アットキャドでは、通常の派遣案件だけでなく、紹介予定派遣サービスも行っています。 派遣スタッフとして働きながら、正社員・契約社員を目指せるのが、アットキャドの「紹介予定派遣」です。 納得のいく転職活動を実現できるよう、しくみやメリットをご紹介します。

紹介予定派遣サービスとは、

・正社員・契約社員としての雇用を前提とする
・一定期間(最長6ヶ月間)派遣社員として働く
・派遣期間中に、雇用したい企業と就業したいあなたの合意を確認する
・正式に正社員・契約社員として雇用される

といった制度で、雇用する前に実務を通して適正を確認できるシステムです。
派遣期間内に双方の合意がなければ、正式に雇用されません。

こんな方にオススメ
正社員で就職したいが、実務経験が少ない
仕事内容や社風がイメージと違い、「こんなはずじゃ…」と後悔した
就職したいと思える会社が、なかなか見つからない
「やる気」は人一倍だが、それだけでは就職は難しいと感じる
もっと条件のいい会社で働きたい
転職を考えているが、職場が変わることに不安がある
キャリアチェンジしたいが、その仕事に本当に向いているか迷っている
仕事内容に興味があるものの、いきなり「入社」は不安
企業選びに失敗しても、短期間で転職を繰り返すなどキャリアに傷を付けたくない
自分がどこまで通用するか試してみたい
キャリアアップを目指したい
紹介予定派遣のメリット
自分1人では探せなかった求人が見つかる。
仕事内容や職場環境・社風・社内のしくみなどを体験し、見極められる。
正社員採用面接と比べ、入社までのステップが少なくなるケースが多い。
面接などが苦手でも、日々の業務で普段通りの自分をアピールできる。
今までのスキルを活かし、またステップアップできる仕事かどうか、実際に働いて確認できる。
書類では不確実な、能力・技能・適性・やる気といった「仕事ぶり」もアピールできる。
スキル不足をポテンシャルや「仕事ぶり」で補うチャンスがあり、未経験でも就業の可能性が高まる。
派遣社員として仕事をしている段階から、積極的に仕事に関与できる。
給与面など派遣先企業に直接聞きづらい事項は、アットキャド経由で確認できる。
もし入社が難しいと感じたら、派遣期間のみの勤務で契約を終了できる。
双方合意のもとで雇用となるので、入社後の定着率が高い。
紹介予定派遣のデメリット
企業側が明確な理由のもとに不採用とすることもある。
派遣期間は入社予定先企業の雇用保険に加入できない。
派遣期間でも正社員レベルが要求される場合が多いが、賞与などの待遇面で差がある。

はじめてご利用のお客さまへ

CAD派遣で働くならアットキャド

会員登録すると、WEB上からさまざまなお仕事情報にまとめてエントリーすることができます。

まずは会員登録!
プライバシーマーク